ウージン社はモンゴルのヤクのウールを編み物として生産し、市場へ販売することを率先した会社の一つである。

当社の社長ジャブザンドラムは1995年に主人ガンバットと共にウージン社を設立し、ウージンブランドの最初の手編みウール製品の生産を始めた。我社は今までモンゴルの家畜から取れる原料であるラクダの毛、ヤギのカシミア、ヤクのウール等で多種類の製品を生産し、国内及び海外のお客様に届けており、モンゴルにおけるウールカシミア分野において既にお客様の信頼を得、ウージンブランドの特殊のデザインで知られたモンゴル国内の優秀なブランドになることができた。

我々は2005年からヤクのウールで製品を生産し、自然の珍しい原料の素晴らしい質をお客様に届けるために努力している。内の製品は化学的な色ではなく自然のままで、その他の付加物のない100%ヤクのウールを使用していることでお客様の評価を得られている。ヤクのウールを加工する時に化学的な色や付加物を入れないことによって本原料の自然の柔らかさと保温質などを損なわないで寒い季節に一番適応するエコ製品となったことが一番の意義である。